私たちはスピーディに、フットワーク軽く、密度の高いコミュニケーションで「!」と「i」をつないでゆきます。